キャッシングは複数より1つにまとめたほうがいいのでは?

キャッシングを複数社で利用する際にはその金額については総量規制を受けるので、それぞれの利用可能額の合計を確認して申請しなければなりません。
消費者金融の会社が、この総量規制というものを設けているのは、利用者があまりに多くの金額を返済能力をこえて借りすぎることを事前に防止するためで、規制の上限は個人の年収によって定められるので、今自分がどれだけ借りているかを確認の上、判断しなければなりません。
キャッシングでお金を借りるときは、一社に限っておいたほうが簡単に返済できると言われています。
とはいえ、もう1社くらいなら借入先を増やすことによる利点があるのを覚えておいてください。
たとえば、金利が低いほうが高いところに比べ、総支払額が減りますし、審査が厳しくても高額融資可能だったり利用しやすさで優位性があります。
限度額なら1社目のほうで引き上げ可能だったりしますが、金利の違いがあれば2社目を考慮したほうが良いでしょう。
時々、キャッシングはどこがお薦めなのと訊かれることがありますが、堅実さが光る銀行系が良いでしょう。
(実はアコムやレイクとかも銀行系です)4%台からと金利も低く、融資限度額も数百万までと高額なことも、魅力的ですし、返済時に使えるATMの数が多いので手数料も節約できます。
誰もが利用している銀行がバックにあるのですから、健全な貸金業務が行われていることが想像できます。
デメリットといえば、審査にやや時間がかかることぐらいでしょう。
覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのがコツです。