遺品整理業者に不用品を買取してもらう方法

皆さんは遺品整理のご経験がありますか?四十九日過ぎから始める人がほとんどみたいですね。

うちは整理する物なんてない。

というご家族もいらっしゃるかもしれませんが、これは誰でも必要になる事です。

一軒家ではなく賃貸で暮らされたいた方の場合もっと早く整理を始めないといけません。

整理を生業とする業者もあります。

金額は、数万円~といった設定の所がほとんどです。

これが持ち家ともなると数十万単位になりますがまだ使える家具・家電などを買い取ってもらえる事もあります。

先日、母と一緒に祖母の箪笥を片付けていたら良く着ていた着物が出てきました。

祖母が亡くなってずいぶん経つので処分する方向でいましたが友人が以前、自分の着物を売った店を教えてくれてネットから問い合わせをしてみました。

遺品整理をしている時に見つけた物という事をきちんと伝えたら状況は関係なく、状態が良ければ買取OKとの返事だったので鑑定をしてもらえる事になりました。

大切に着ていたものですからあまり捨てたくなかったので良かったです。

故人の物を遺品整理する事は残されたご家族の大事な役目とも言えますよね。

しかしながら、初めての場合どうやって処分するのか解らない方がほとんどだと思います。

その場合には、買取や処分を受けてくれる業者に依頼するのがおすすめです。

家族だけでやる事も可能ではありますが大型家具が多くあった場合はかなり大変なのでプロに任せるのが良いでしょう。

もしかすると、お宝が眠っているかもしれません。

自分達では気づきにくいものでも、プロなら目利きができるので、メリットが多いです。

家を片付けよう!と思ったとき気合をいれないと難しいですよね。

遺品整理だった場合は、余計に気合が必要です。

なにせ、家を丸ごと片付ける事になるからです。

どうやって片付けるのか?そのコツはあそこもここもやらなくては!と焦るのではなく今日はこの部分だけ、次はこの部分、といった感じで部屋を区切って確実に片付けるのが良いそうです。

言われてみると、確かにあれこれ手を出すよりはいいですよね。

これはアパートなどにも使える技なので是非覚えておいてください。

ネットを何気なく見ていると色々な会社の広告が目めぐるしく出てくると思います。

この前、遺品整理業者の物が出てきました。

気にする事はしなかったのですが、親戚が亡くなり現実のものとなって、色々と考えさせられました。

最終的には親族だけでやりましたがかなり大がかりな作業になり、何日もかかりました。

専門業者に依頼をしていれば、もっと皆の負担を減らせたと思います。

遺品の片付けは誰もがやる事だと思うので事前に相談しておくと楽だと思いました。

他の物は良いけど、これは捨てられない!という大切にしている物はありますか?私の場合は、愛犬の写真やグッズです。

ですけれども、私が天に召された場合夫や子供は、遺品整理を始めないといけません。

大事にとっておいたものを捨てられてしまうのは少し残念ですが、仕方ない事かもしれません。

が、処分するだけでなく、他の方に使ってもらえるような事があればこちらもとても嬉しいですよね。

処分したいけどちょっと・・という品は買取業者がおすすめです。

事前に家族に依頼するよう頼んでおくと良いかもしれませんね。

祖父の自宅に行き、家族で荷物を片付けていたらバリバリ会社で働いていた頃の同僚の方達と行った社員旅行の写真が複数枚見つかり祖父が楽しそうにしているのを家族皆で共有しました。

祖父は昔から堅気な性格の人でしたがその写真に写っているのはまるで別人のようだったので思わずプッと吹き出してしまいました。

それまでは遺品整理に良い印象はなかったのですが写真の祖父が教えてくれました。

整理する事により、家族の絆も深まります。

一般のご家庭で家具を片付ける時すぐに終わらせるはずが意外にも時間がかかったりするものですよね。

それが遺品整理だったら自分の事よりももっと大変な作業になります。

大きな家具・電化製品の処分方法に悩む事もあるでしょう。

そんな時は、買取業者に任せてしまいましょう。

全部の家具を買い取ってもらえる訳ではありませんが価値がある物や綺麗な物は買取対象の所がほとんどです。

万が一、買い取れない場合でも処分はしてくれるのでご家族にとってはメリットが多いでしょう。

生前、故人が使っていたものなどを片付ける時どこまで整理すれば良いのか良く解らない。

というご家庭が多いと思います。

なぜなら、賃貸ならともかく、一軒家ともなりますと家そのものを遺品整理する必要があります。

部屋数が少ない賃貸でも、大家さんの事があるので早めにしないといけません。

心労が重なる中ご遺族はこの様な事も考えていかないといけないので悲しみを引きずっている事も出来ませんよね。

しかしながら、良い思い出を沢山思い出せれば故人も安心していると思います。

ご老体にも関わらず、一人で暮らさせれている方が多い世の中孤独死という悲しい事も多く起きています。

本当に独りぼっちだったのか?調べてみるとそうでもないようでどこかで血筋の方々が見つかるようです。

ネットやスマホの普及により、いつでも連絡を取り合えるようになりましたが家族の絆は薄くなっているように感じました。

どなたかが亡くなった後は、遺品整理をしなくてはいけません。

一人で亡くなり、親族側にも連絡を取る手段がなく大家さんが片付けをしたり、専門業者に頼んだりするそうです。

色々と考えさせられる話題でした。

大切な人が亡くなった時家族は深い悲しみに包まれますよね。

けれども、残された家族には遺品整理という大事な義務が残っています。

この事は、どんな人も経験する事でしょう。

家族だけでやるのも良いですが運ぶのが大変な大型家具や家まるまるとなるとかなり大変です。

その様な場合は、買取業者や処分業者がおすすめです。

故人の遺品を鑑定し、買い取ってくれたり、整理を手伝ってくれるので残されたご家族の強い味方になります。

早期対応も可能ですので急いで処分したい時でも安心ですね。

遺品整理に関するニュースが多く流れる昨今。

今、家族の間でも故人が亡くなると業者に頼む方が多いようです。

確かに、生前の故人が使っていた物すべてを片付けるのはいくら家族でもとても大変ですよね。

尚且つ、故人が事業をしている場合は一般ごみだけで済まず、産業廃棄物も出ます。

許可を取らないと処分できないゴミなのでやっぱり業者が入ってくれた方が良いかもしれません。

が、アルバムや思い出の品など取っておきたいものがあればきちんと遺族側で整理しておいた方が良いでしょう。

仏教の世界では、四十九日を過ぎると魂が天にあげられると言われています。

この世に残されたご家族にとっても区切りのようなものですよね。

後は遺品整理が待っています。

愛用品を処分するのは気持ちの良い物ではありませんがその中にでも良い思い出の品は沢山あると思いますのでご家族にとっても大切な時間だと思います。

決して楽しい事ではありませんが遺族と故人の心の結びつきの時間と考えると心を落ち着かせ、良い思い出を大事にすることができますよね。

時々、アルバムを見つけて家族みんなで故人の話をしだした。

という心温まるエピソードも聞かれます。

大事な家族が天に召された後、遺族には遺品整理が残っています。

が、悲しい中でやるのはもっと悲しみを深くするだけだと思います。

いつごろから整理をするべきなのか?調べましたら、ご遺族の気持ちが落ち着いてくる、四十九日過ぎが適切な様です。

とはいえ、これは持ち家だった場合の事で賃貸だった場合大家さんに迷惑になりますので、申し少し急ぐ必要があります。

荷物をどこに置くか迷ったら、いったんトランクルームに入れるなど一時的な置き場所を作るご家族も多いようです。

どの場合にせよ、プロに依頼するとスムーズです。

昨今は情報が取りやすいので、個人情報流出もしやすいですよね。

特にSNSなどに載せた写真から今いる場所が解って、ストーカー被害に・・といった事も良く言われていますよね。

この様に、便利な世の中だからこそ自分の情報はしっかりと守る必要があります。

これは遺品整理でも同じ事が言えます。

故人の経歴や住所・名前などが書かれた書類が沢山出てくるからです。

それらの物も個人情報流出になりかねないので紙類ならきちんとシュレッダーにかけましょう。

重要書類などは弁護士に相談をしてから処分をするようにしてください。

引用:遺品処分の方法なら|おすすめ買取業者3選【無料出張査定で安心】